亜鉛サプリメント

亜鉛サプリメント

亜鉛は不足しがちな栄養素なので、サプリメントを有効活用している人は多くいます。

 

サプリメントなどを利用せず、食事内容の改善もしなければ亜鉛不足になるのは目に見えています。

 

健康維持に十分な亜鉛を補給できないでいると、体にはどういった症状が出るのでしょう。

 

下の先の感覚がにぶくなって、味がわかりにくくなるのが、亜鉛不足の典型的な症状です。

 

粘膜の荒れがひどくなって、にきびや口内炎、肌荒れがひどくなり、抜け毛が多くなります。

 

他にも妊娠中の流産や奇形発生率が高くなったり、子どもの発育不良、イライラや鬱症状が出たりする事もあるようです。

 

ビタミンやカルシウムのように、亜鉛は具体的にこれといった体内での役割がわかっていません。

 

しかし、亜鉛不足は、体に深刻なトラブルを起こすことがあります。

 

サプリメントを使わず食事だけで亜鉛を摂ろうと思っても、毎回それを手作りするには時間的にも無理があります。

 

サプリメントなどを上手に使って、亜鉛不足にならないようにする事が大切です。

 

汗をたくさんかくと、亜鉛も汗と一緒に流れてしまいます。1リットルの汗には、1mg程度の亜鉛が含まれています。

 

大量の汗をかけば、人によっては4mgの亜鉛を体の外に出してしまいます。

 

生理中に、血液と共に亜鉛を0.5mg排出してしまうという点も覚えておきましょう。

 

亜鉛の特徴として、摂取しても失われやすい栄養素であることも注意しなければなりません。

 

一度に多くの亜鉛を摂取しても、余分は尿として排出されてしまいます。

 

必要な都度亜鉛を摂取するようにすることが、亜鉛サプリメントが多くの人に重宝がられている要因の1つといえます。

 

 

亜鉛サプリメント人気ランキングオススメ

 

 

 

 

 

 

 

亜鉛サプリメントの取り方

亜鉛のサプリメントを摂る時に注意すべき点がいくつかあります。

 

日本人の平均的な食事から摂取できる亜鉛の量は、1日10mg前後です。

 

サプリメントで亜鉛を飲むことで、1日の必要亜鉛量30mgに達しなければなりません。

 

亜鉛サプリメントの成分にも種類があり、硫酸亜鉛や、酵素のサプリメントがあります。

 

特にキレートという結合型亜鉛が、吸収性に優れているのでこのタイプの亜鉛サプリメント選ぶようにしましょう。

 

体の中に吸収されて適切に使われないかぎり、どんなに頑張ってサプリメントを使っても無意味に終わります。

 

吸収性に優れているタイプが良いわけです。亜鉛は、1回に必要以上の量を摂取しても、尿として体外に排出されてしまいます。

 

サプリメントの包装容器などに書かれている、正しい使い方を守るようにしましょう。

 

サプリメントは、起床時と就寝前の2回がおすすめです。

 

亜鉛のサプリメントなどを利用して急に亜鉛の量が増えると、吐き気や頭痛などの症状が出る人がいます。

 

おなかか空いている時は、サプリメントは飲まないようにしましょう。

 

ジュースやお茶は避け、水やぬるま湯でサプリメントを摂取するようにします。